marron  虹の橋を渡りました

2014年12月21日 AM10:00 
よしだ動物病院にて 永眠
あまりに急な事で、心構えもできてなくて
どうしようもない胸の痛みと格闘中
DSCN0953_400sc.png

12月18日 朝 嘔吐
12月19日 朝 嘔吐 10時~11時 2回嘔吐
心配になって、急遽病院へ(車中 嘔吐)

病院で血液検査とエコー検査
そして入院

18日の朝 嘔吐したけどこの時はまだ元気
19日の朝から ぐったり。。。
あまりに急で 信じられない

あんなに元気だったのに 
急性膵炎を発症 
marronはいろいろと持病を持っていたんです
お薬も飲んでたし
ダイエットも頑張ってました
13歳と高齢で だんだん悪くなっていたのかなぁ

DSCN0822_400sc.png
CIMG7971_400sc.png

入院中 Keyママも パパさんも
marronの事が心配で、胸が張り裂けそうでした
2日目にお見舞いに行ったら、かなり衰弱
3日目朝一番に病院へ行くと
marron ちょっと良くなった様に見えた
声をかけると反応するし、顔も上げる
私達がわかるようで 一生懸命生きようと頑張ってた

でも、だんだん呼吸が荒くなって
先生や家族がいる中、marronは永遠の眠りにつきました
CIMG8959_400sc.png

亡くなるちょっと前、私達の顔を見るように顔を上げ
何か言ったの 
さようならって言ったのか、有り難うって言ってくれたのか

入院中一人で亡くなりはしないかと心配して、胸がキュンキュン
でも朝 私達が行くまで生きていてくれた
私達を待っていてくれたみたいに
最後の最後まで、手のかからないいい子
marron 楽しい時をありがとう 天国で幸せになるんだよ

≪よしだ動物病院≫
病院の先生 スタッフの皆様
短い入院でしたが、最後まで手を尽くしてくださり
本当にありがとうございました
亡くなった後、シャンプーして綺麗にしてくださいました
まるで寝ているようで フワフワのmarron
御通夜も葬儀もして 29日には納骨します

病院から 心温まる本が届きました
“ きみがくれた素晴らしい贈り物 ”
CIMG9021_400sc.png
どこまで気遣ってくださるんでしょう
先生やスタッフの皆様の暖かいお気持ちが、心に沁みて。。。
またまた泣けちゃいました
本当にありがとうございました 心より感謝申し上げます


 コメ欄 とじてます 
marronに逢いにきてくださった皆様
ありがとうございました
これからもmarronを偲んで、blogは続けます
よろしければ、また来て下さいね
スポンサーサイト